日本語はおもしろい!おもしろいものの数え方 一覧と勘違い


A colourful educational background with scattered numerals on a white surface, conceptual of learning numbers

ものの数え方を調べていくといろいろと面白い発見がある。

有名なところの勘違いでは「うさぎの数え方」。

うさぎ → 羽(わ)

いか、たこ → 杯(はい)

と数える。

これらの数え方は国語的には「助数詞」と呼ばれ、その数はなんと500種類以もあるというから驚きだ。

しかし中には「こんなの使わないでしょ」「こんなの誰もわからない」というものも多い。

のり(海苔)→ 枚

しかし10枚集まると → 帖(ちょう)

馬 → 頭

人が乗ると → 騎

うーむ。

幼稚園の頃。

クラスで先生がみんなに質問。

「みんなー、車はどういう風に数えるか知ってますかー?」

「はーい、一台、二台、三台・・・!」

そんな元気な声がこだまするクイズが行われていた。

その後、先生は個別にクイズを出してきた。

そして私の番。

先生「じゃあ、牛とか豚とかは何て数えるのかなー?」

私「えーと、100グラム、200グラム。」

先生「(一瞬、金縛りになった後で)あ、それもあるけれどちょっと違うかな…。」

私「…あ!1パック、2パック?

先生「…。」

…天才?(^^;)

スポンサードリンク



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です