下を向いて歩こう お金を拾う人生で1000万円!?


下を向いて歩こう。

私の去年のテーマである。

このテーマを決定させたのは昨年の1月の出来事。

ある日、コンビニの前で1冊の通帳を発見。

おもむろに拾い上げ、中身を確認した。やはり人間、こういう時は落とし主以上に残高も気になる。

そこで残高を見てみると・・・・

「¥11,000,000.-」

な、何と1100万円である。

とっさに頭の中で計算する私。仮に落とし主が現れて1割のお礼をもらったとしても110万円。

そしてもし落とし主が現れなかったら・・・・1100万円ゲットである。

新年早々、まさにタイムリーなお年玉(落とし玉?)である。

ちなみに通帳の名義を見てみると、どこかの会社の社長らしい。名前の横にちょこちょこと社名も書いてある。

さて、どうするか。まず暗証番号を9999通り試して・・・・ではなく、警察だ。

遺失物法では、拾得者は、速やかに、拾得をした物件を遺失者に返還するか、または警察署長(なぜか署長)に提出しなければならないと定められている。

しかし近くの警察がわからない。

そこで私はインターネットでその会社の電話番号を調べた。そしてかけて待ち合わせする事に。

スポンサードリンク




…結果だけ。先に。

お金は1円ももらえなかった。もらえたのは富士急ハイランドの割引券。本屋のレジとかに置いてあるものと同じ。

そしてなぜか開封済みのガム1つである。しかも「拾ったのならもっと早く連絡しろよ。」という態度でその社長は去っていった。

後日、私はその会社と再度コンタクトを取り、相手の態度やバカにした品、そしてこちらも忙しい中での行動だったことを伝え、結果、謝罪文などは送られてきたのだが、時間を浪費しただけだった。

ああ、警察にはじめから届けておけば良かった。

そう思い、下を向いて歩く人生に。また何かを発見するかもしれない。

1か月後、それからキャッシュカードを2枚拾った。

それぞれもらえたものは

・千葉名産トマトパイ (聞いた事ない上に激マズ)

・心からのお礼の手紙

以上である。

うーむ、やはり奉仕は無償の心からやらなくてはいけない。

スポンサードリンク



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です