マスコミによる思いこみがもたらす不幸


i320

2016年3月、小保方晴子さんが発見したという「STAP細胞」がアメリカの研究者グループによって発見されたというニュースが報道された。

これは英国科学雑誌「ネイチャー」姉妹版である「ネイチャー・サイエンティフィック・リポーツ」に掲載されたもの。この記事と発表により2014年よりバッシングを浴びていた小保方さんは正しかったことが証明された。

これは「ごめんなさい」で済まされる問題ではない。

学位は奪われ、人の命まで失われ(関係者による自殺)、無実ながらも社会的な制裁を受けたのだから。

事実、小保方さん自身も先日の会見で「自殺を考えた」旨を話している。

小保方さんをはじめその周辺を避難していたマスコミや科学者達はどう償いをするというのか。

名誉棄損も含めてしかるべき報いを受けるべきだ。

マスコミから来る思いこみは多い。

先日も強姦目的で日本人女性を狙った元米軍の男が殺人で逮捕された。

強姦目的で女性を襲い、結果的に殺人を犯したこの男性に日本は激怒した。

沖縄ではデモが起きた。

しかしプラカードを掲げるだけでは何も変わらない。

そしてこの「米軍は悪」という流れ、これもある意味マスコミが作り出していると言っても過言ではない。

無題            出典:Twitter

炎天下の中、「沖縄とともに悲しんでいます」のプラカードを掲げ、長い列を作って並ぶ軍人達。

こういうのは報道されない。

情報操作をされていない国はない、と言われているこのご時世。

だからこそ、自分の心の声に聴き従うことも必要なのかもしれない。

※下に「おまけ」あります。↓

スポンサードリンク



<おまけ>

私が考えるちょっと気になる(どうでもいい)思いこみ

①中国人のセリフに「○○アルヨ」と不思議な語尾がつく。

私は中国人の知り合いも多いが、彼らが「○○アルヨ」と言ったのを聞いた事はないし、そう聞こえた事もない。

②ゴリラはバナナをいつも食べている。

確かにゴリラは果物が好物だが、「バナナが特別好き」というわけではないらしい。うさぎとにんじんも同じ関係。一体、誰が考えたのか。裏にビジネスの臭いが。

③「きつね」「たぬき」うどんやそばに油揚げや天かす(天ぷら)が入っている。

実際には彼らは好物どころか見向きもしないはずだ。どこから来たイメージなのだろうか。強いていえば彼らの体毛と色が近いが、それならばもっと身近なものでも良いはずだ。

以上の謎を1つでも解明できる方、情報をお願いします。

真相を知りたいアルヨ

スポンサードリンク



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です