大雪の中の愛


DSCN5983-copy

今日は都心でも大雪となり、交通機関も若干マヒしている。

私も札幌やアメリカではロッキー山脈に住んでいたい事があり、雪には慣れているものの、それでも久しぶりの早朝雪かきには骨が折れた。

雪で思い出すのが3年前に北海道で起きたニュース。
「北海道湧別町で暴風雪の中、長女を守って覆いかぶさり、凍死した同町の漁師岡田幹男さん(53)の知人が現場最寄りの地元消防に通報した際、隊員が出払っていて、さらに約7キロ離れた場所の他の救助隊が出動していたことが4日、分かった。遠軽地区広域組合消防署が明らかにした。

署によると、2日午後5時45分ごろ、岡田さんの知人から「岡田さんらと連絡が取れない」と現場から約3キロの出張所に通報があった。3人の隊員全員が、雪で立ち往生した車の救助に出ていて不在だったため、通報は署に転送された。

署の指示で約10キロ離れた別の出張所の救助隊が救出に向かい、2日午後9時35分ごろ、岡田さんの車を発見した。ただ、岡田さんと長女の小学3年夏音さん(9)を見つけられず、悪天候のため、午後11時ごろに捜索を打ち切った。岡田さんは翌朝、車から約300メートル離れた倉庫前で、夏音さんに覆いかぶさり凍死しているのが見つかり、夏音さんは助かった。」(産経ニュースより)

私も同じ子を持つ父親として、涙なしにこのニュースを観ることはできませんでした。

母親を亡くすというつらい経験をした娘を幸せにしようと、いつも一緒に料理をしたり時間を過ごしていたそうです。

猟師の岡田さんは漁の帰りに娘を児童館に迎えに行き、手をつないで帰ったのだとか。
近くに親戚もいないそうで、残された娘さんの夏音ちゃんがこの試練を少しでも乗り越えられるように祈ります。

また、このような表現が正しいかどうかはわかりませんが、愛する娘さんを守った岡田さんを心から尊敬します。

スポンサードリンク



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です